EverydayAnotherMiracle 3

インターネットは「内容が面白い記事」がアクセス数を稼ぐ、んじゃないんです。
 映画は前払い制だから「面白いからヒットする」のではなく「面白そうだからヒットする」――――と同じような話です。

 かつて「個人ニュースサイトさんで紹介されるか」が全ての時代がありました。たった3~4年前の話です。そうした個人ニュースサイトさんは、人力で面白い記事を探して紹介してくれるので、ブログを書く側にも「面白い記事を書けば紹介してくれるんだ」というモチベーションがありました。

 でも、Twitterが普及して変わりました。
 「扇情的な記事タイトルを付けて」「人気のあるものの“悪口”を書けば」、「そうだそうだ!俺もアレ嫌いなんだよ!」という人も「○○の“悪口”言うな!けしからんから拡散してやる!」という人もリツイートしてくれるので、あっという間にアクセス数が跳ね上がります。

 もはやアクセス数に「内容の面白さ」は関係ないし、「内容の正しさ」も「誠実さ」も関係ないんです。

やまなしなひび-Diary SIDE- 任天堂の悪口を書けばアクセス数が跳ね上がる理由 (via katoyuu)


■ストレスフリーで文章を書く方法。
・〆切と分量を決める。
・思ってることをすべて箇条書きで書く。
・読み返して書き足す。
・一番言いたいことを選ぶ。
・タイトルを決める。
・それに関係すること以外は捨てる。
・順序を考える。
・文にする。
・文章にする。
・全体を読んで整える。

Twitter / hyuki (via whimsy)


インタビュアーが「なぜ“焼夷弾”を落とすという選択をしたのか」とマクナマラに問う。

マクナマラはこう答える。(以下M)

M:「問題は焼夷弾ではない。」
M:「一晩で10万人の市民を殺戮していいかどうかだ」

M:「ルメイの答えは、イエスだ」
M:「彼は言うだろう。“君は10万人ではなくもっと少なければいいと言うのか? 日本上陸ともなれば何万もの米兵が死ぬかもしれん。それが賢い選択か?”と」

M:「だが、焦土にした上で、原爆まで落とす必要があるのか?」
M:「ルメイは、東京以外も焼夷弾で焼いた」

クリーブランドと同規模の横浜は58%が破壊された。
当時のN.Y.に匹敵していた東京は、51%が破壊。

富山は 99%が破壊された。
名古屋は 40%が破壊された。
大阪は 35.1%が破壊された。
西宮は 11.9%が破壊された。
下関は 37.6%が破壊された。
呉は 41.9%が破壊された。
神戸は 55.7%が破壊された。
大牟田は35.9%が破壊された。
和歌山は  50%が破壊された。
川崎は 35.2%が破壊された。

岡山  68.9%
八幡  21.2%
鹿児島 63.4%
尼崎  18.3%
佐世保 41.4%
門司  23.3%
都城  26.5%
延岡  25.2%
宮崎  26.1%
福岡  24.1%
高知  55.2%
佐賀  44.2%
今治  63.9%
松山  64.0%
大分  28.2%
平塚  48.4%
徳山  48.3%
四日市 33.6%
宇治山田41.3%
大垣  39.5%
岐阜  69.6%
福井  86.0%
徳島  85.2%
堺   48.2%
八王子 65.0%
熊本  31.2%
伊勢崎 56.7%
高松  67.5%
明石  50.2%
福山  80.9%
青森  30.0%
岡崎  32.2%
静岡  66.1%
姫路  49.4%
千葉  41.0%
一宮  56.3%
清水  42.1%
大村  33.1%
奈良  69.3%
津   69.3%
桑名  75%
豊橋  67.9%
沼津  42.3%
銚子  44.2%
甲府  78.6%
宇都宮 43.7%
水戸  68.9%
仙台  21.9%
鶴賀  65.1%
名古屋 64.9%
日立  72.0%
熊谷  55.1%
浜松  60.3%
前橋  64.2%が破壊された。

【動画】「如何に日本人虐殺の効率を上げるか?」~マクナマラ元米国防長官の告白 THE FOG OF WAR~:Birth of Blues

原爆以外にこれだけ大規模な空襲を米軍がしていたなんて、、、知らなかった。

(via miro-cherry)


363 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2010/09/15(水) 14:32:29 ID:8wnNY/pH [2/2]
JICAの援助に関わったことがあるので知っているのだが(どの国とはあえて言わない)
現地のスタッフがほんとに毎日のように、どれだけ
「本当に現地の人々に有益な援助のあり方とは」みたいな議論をやっているか。

ある意味、嫌になるくらい
「人間としての幸福は?」とか
「それで豊かになったと言えるの?本当にその人たちが幸せなの?」みたいな議論をして、
日本として本質的に良い援助意味のある援助、
正しい援助といったものを追求しようと必死なわけ。ほんと。

そうやって現地の自助の能力が高まってくれるようにと、
慎重に事業を進めているとき、近隣地域に入ってきた欧米の援助団体が
ドカンと漁船や発電機やトラクターや製粉機を多額の現ナマをつけて供与したりするわけ。

粗暴な「援助」にぶっ壊されてしまうわけだよ。

しかし、日本の援助のそういう姿勢は本質的なところで人々に共感され支持されて
いて、心のなかにしっかり残っているんだと思う。

シナ人がどこでどんな活動をしているのかは知らないが、
しかし、そもそも政府のやることに批判する能力のなけりゃ発言権もない奴等が、
シナという国家の意志に従ってやっているわけだし、
純粋に「現地の人々にとって豊かさとは?幸せとは?」
などという根源的な問いや検証など、やれるわけもないことだ。

366 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2010/09/15(水) 14:38:59 ID:n/2GaNEg [1/2]
»363
でもそれが理解出来る現地人ってかなりのレベル以上じゃないのかな?
目先の美味しいものに飛びつくのが人情ってものでしょ。
日本人は善意は溢れているけど、相手も自分と同じレベルに上がれるハズって心から信じてる。
それって最後は裏切られるんじゃないかな。朝鮮の例を見てつくづく思うよ。

373 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2010/09/15(水) 14:48:43 ID:Veb/ZGsO
»366
日本人の援助は「長く続く」んよ。

例えば井戸を掘るとしよう。

○欧米
機械持ち込んでガンガン掘って、汲み上げポンプ置いて、はい完成!
後は井戸が濁ろうが機械が壊れようが、基本的には放ったらかし。
で、それで荒んだ地域に、また機械持ち込んで井戸掘って…の繰り返し。

○日本
まずは井戸の堀り方を教える。で、みんなに掘ってもらう。
壊れたらお終い、になることを避けるため、敢えて手汲みポンプにしたり、
補修の簡単な滑車式つるべ井戸にしたり。で、みんなにメンテしてもらう。

こういうことで、短期的には欧米式は非常に喜ばれるが、そこで終わり。
しかし日本式は、彼等自身で維持していけるので、効果が長続きする。
またそこで経験と技術を身につければ、他の集落に井戸掘り指導に行ける。

ということで、長く続ければ続けるほど、日本式の有り難みが分かる、
ちゅうことらしいよん。

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2: 9/16 正しい『援助交際』 (via s-hsmt)